SublimeなLife日記

少しでも素晴らしい生活をおくるために、日々、気になったことを。

drawer.jsのスクロールがおかしくなっているのを直す対処法

jQueryライブラリ「drawer.js」のスクロールがおかしくなった

レスポンシブでドロワーメニューを作るときは、何も考えずに「Drawer」を突っ込んでいました。
今年(2018年)に入ったあたりから、iPhone実機でメニューを出して下の方にスクロールさせたときの挙動がおかしくなっているのに気が付きました。
上にスワイプすると、Drawerメニューが意図せず閉じてしまうのです。
iOSのアップデートの関係でしょうか。わかりませんが。
これをとりあえず直しました。

続きを読む

macOS High SierraでCommand + Tabのアプリ切り替えが効かなくなったときの対処法

macOS High SierraでCommand + Tabのアプリ切り替えが効かなくなったときの対処法

macOS High SierraでCommand + Tabのアプリ切り替えが効かなくなったときの対処法

とあるMacBook Airのデータを消去してOSを再インストールし、初期化したところ、Command + Tabのアプリ切り替えが効かなくなってしまい、往生しました。OSはHigh Sierraです。ついでにMission Controlのジェスチャーも効かなくなっていました。

macOS High SierraでCommand + Tabのアプリ切り替えが効かなくなったときの対処法

  1. アクティビティモニタを起動する
  2. プロセスから「Dock」を探し、ダブルクリックする
  3. 下の「終了」ボタンで「Dock」を終了する
  4. 「Dock」アプリを再起動する

以上のプロセスでCommand + Tabのアプリ切り替えができるようになりました。

ついでにMission Controlのジェスチャーもできるようになりました。

些細なことですが、案外に対処方法が見つからず往生したので備忘録として投稿した次第です。

MacBook AirでもMacBook ProでもOS Sierraでもおそらく同じだと思います。

どなたかのお役に立てば幸いです。

 

 

QRコード作成サービスで、最小サイズかつベクターでも生成できるジェネレーター「QR Code Generator」

f:id:sublimelife:20180611191027j:plain

名刺やチラシ、パンフレットなどにQRコードを入れるとき、みなさんはどんな方法でQRコードを作成しているのでしょうか。

先日も名刺にInstagramのアカウントのQRコードを入れてほしいと頼まれたのですが、名刺サイズに入れるとなると、QRコードはそれなりのサイズにしないと読み取れず、デザインのバランスが悪くなってしまったりします。

いままでは都度ネットで検索して適当にQRコード生成ツールを探していたのですが、これといったジェネレーターがなく、なんとなくデザイン面で妥協してきました。

この度、「最高かな?」という小さくて読み取りやすいQRコードをベクターで生成できるQRコード作成サービスを見つけたので、書き留めておきます。

続きを読む

Font Awesome 5で擬似要素にアイコンを表示させるときのcssの指定方法

Font Awesome 5がリリースされた!

Font Awesome 5がリリースされました。
色々と新しくなっています。
くわしくは公式サイトなどにて色々と参照できますが、cssのcontentプロパティの指定方法がFont Awesome 5系から変更になったようです。

Font Awesome 5からcssの指定方法が変わった!

Font Awesome 4系までとはcssの疑似要素でのfont-familyの指定方法が変わっています。
ちょっと日本語のドキュメントや記事が見当たらなかったので、メモしておきます。

続きを読む

購入したばかりのMacBook Proのキーボードが戻らない、沈んだままになった事の顛末、修理代金

MacBook Proのキーボードのキーが沈んだまま戻らなくなった

MacBook Proのキーボードが戻らない、沈んだままになったときの修理代金の記事イメージ

私の購入したばかりのMacBook Pro 2017年モデルのキーボードの、あるキー1つがへこんだまま、戻らなくなりました。押されたまま物理的にレスポンスがない状態です。

購入してわずか2週間目くらいの出来事です。

続きを読む